ARASHI,デジタル国際映画祭『We Are One:A Global Film Festival』で英語のメッセージに反響、アーカイブ配信はいつまで?

嵐(ARASHI)がデジタル国際映画祭『We Are one:A Global Film Festival』に参加。英語でメッセージを伝え反響をよんでいます。アーカイブ配信はいつまであるのかもまとめました。



嵐(ARASHI)がデジタル国際映画祭『We Are one:A Global Film Festival』で英語でメッセージ反響続々!!

映像の冒頭では、嵐(ARASHI)5人がリモートで出演し、英語で松本潤さんが「この映画祭に参加できて大変光栄に思います。」と挨拶。

続けて、「この素晴らしい映画祭のため、僕らがパフォーマンス映像を用意しました。今すぐ皆さんのもちに行きますよ。是非、家でオンラインで楽しんでくださいね。」と伝えた。

また、櫻井翔さんも英語で「この機会に、僕らのためにリスクを背負ってくださっている全ての医療関係者やエッセンシャルワーカーの皆様に感謝したいです。心からありがとうございます。」また、パフォーマンス影像について、「前回の東京オリンピック、そして、今夏行われるはずだった『東京2020オリンピック』の会場である”国立競技場”でのパフォーマンスも含まれています。」と紹介した。

松本潤さんと櫻井翔さんが主に英語で話していましたね。大野智さんや二宮和也さん、相葉雅紀さんは「thank you」でしたが…

 

松本潤さんがあんなに英語が流暢なんて知りませんでした。

櫻井翔さんは、今でも英会話を習っていらっしゃいます。リモート英会話の影像がありました。

・「ARASHI’s Diary Voyage」第8話「SHO’sDAILY」の記事はコチラから

You tube動画のコメント欄には、海外からのコメントも多く寄せられました。配信後は、すぐさまTwitterdeトレンド入りするなど、反響が続々と記されています。

嵐(ARASHI)がデジタル国際映画祭『We Are one:A Global Film Festival』、アーカイブはいつまで?

2020年6月04日配信から7日間アーカイブ視聴できます。

まだの方はお見逃しなく!!

 

嵐動画に嵐ファンは『Sugar』はヤバイ、『選曲が凄すぎる』と興奮!ライブ影像3曲を披露!!

ライブ影像3曲は予想を反したものだったのでしょうか。嬉しい悲鳴も聞こえてきてます。

まさかの選曲「Sugar」。ARASHIファン歓喜!!

公開された3曲のうちの1曲目は「ARASHI LIVE TOUR2017-2018『Untitled』からファンに人気の「Sugar」。

これは、嵐ファンも予測がつかなかった嬉しい選曲だったと思われます。

大人の恋の駆け引きを象徴するような歌詞が特徴ですよね。相葉ちゃんの高音が大好きです。そしてあのダンス。ホントかっこいい!!

嵐5人のそれぞれのパートの掛け合いがうまく調和して、素敵なメロディになっています。なかでも大野くんとニノの歌声は圧巻デス。

松潤の低音も好きです。櫻井くんの声もしびれます(*^^*)。

私も「ARASHI LIVE TOUR2017-2018『Untitled』では1番好きな曲「Sugar」。通勤の車の中で、何度もリピートした曲です。

「Hope In The Darkness」は高クオリティ演出!

2曲めは「Hope In the Darkness」。

嵐が結成15周年のときアルバムですね。「THE DIGITARIAN」は”デジタルとヒューマン”の融合がコンセプトでしたね。 DIGITARIANも造語でした。

嵐のメンバーはきんでんセンサーをつけており、彼らの動きに合わせて音が鳴る演出でしたね。ファンの間では”筋電演出”と呼ばれています。また、コンサートの演出ではクオリティーが高いと評価されてますよね。



翔くんが一番難しく、めちゃくちゃ早く手を動かすパートで、個人的にレッスンする姿も「THE DIGITARIAN」のDVDには収められていました。

翔くん曰く、「汗だく!腕パンパン!!」と必死な姿がDVDにありました。

「会場一体型のハイテクな演出」とのコメントが寄せてあり、演出に感動する声がみられました。その時はうちわにライトも内蔵されたものでした。

 

「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITARIAN」,このツアーから、嵐側から、ライトを制御する方法が取られることになりました。

嵐が観客のライトの色を操作するんですね。今ではもう、おなじみになりましたが…。

 

会場にいて、初めて見た時は感動しましたよ。演出の松潤の凄さにも、感動しました。

 

この演出を初めて見た海外の視聴者の為に”筋電演出”を英語で説明しているコメントも見られてます。「嵐の演出の凄さ」を世界に伝えているファンもいるようですね(*^^*)。

 

最後は東京2020オリンピックの地、国立競技場の「Love so sweet」

3曲めラストを飾るのは、「ARASHI ARAFES NATIONAL STADIUM 2012」より「Love so sweet」。このコンサートは、夏の行われましたね。日本の風物詩の盛大な花火もあがっているんですね。

 

定番の「Love so sweet」はRebornでも、配信されています。

東京2020オリンピックのも、日本の風物詩の盛大な花火もPRできました。嵐は日本の国民的アイドルというのを十分に世界に発信できたようです。

それに、「ARASHI LIVE TOUR」の演出を世界に発信できた事で、『世界に嵐を巻き起こす!』の目標が達成されることも近いと言えるようです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました