子供が甘えてくるのはなぜ?たくさん甘えさせよう!

未分類

育児をしているとちっともいうことを聞かないわが子に「何でいうことを聞かないの!!」「ママがいつも言っているでしょ!!」と大声で怒鳴りたいとき(怒鳴ってしまっているとき)がありますよね。



言うことを聞かないのは十分に甘えさせていないから。

仕事に追われて、子供ときちんと向き合っていないときってありますよね。子どもの前で携帯、スマホをよくチェックしていたり、ラインを見たり、返したり…

一切やめて、子供が話をするときは目を見てきちんと聞きました。相槌を打ちました。どこかに連れて行ってあげるんじゃなく、近くの公園で遊んであげたり、絵本を読んであげたり…

こんなことを繰り返していたら、子供が言うことを素直に聞くようになったんですね…

 

ガミガミ言うと逆効果と頭でわかっていても、この感情を抑えきれないですよね。

0から1歳の子供だったら、好奇心旺盛でいろんなところに行ってしまいますよね。と思っていたら「抱っこ!抱っこ!」のいってんばり!

「はぁ!歩けるんだから歩いてよね!」「ママは疲れているのよ」「あんた、重たいから抱っこしないよ!」と言いたいですよね~!

でもそれをグッと我慢してください!

子供は本来大好きなままに甘えたいいんです。その甘えをしっかりと受け止めてあげるのと突き放すのでは、その後の育児が雲泥の差です。




0,1,2歳までをしっかり抱きしめたり、おんぶしてあげてください!そうすれがば3,4,5歳になってもしょっちゅう「抱っこして」とさほど言わなくなります。

たっぷり抱っこして上げると子供は満足して自分から離れていきます。ママは安全基地なんです。新米ママも安全基地なんです。

安心すると赤ちゃんだってハイハイしてママから離れてしばらく探索すると、後ろを振りぬいてママが自分を見てくれているか確認し、ママの視線や笑顔を確認するとまた探索していくんですね。

たっぷり、甘えさせた子ほど、早く自立するんです。

たくさん抱っこして上げたほうがいい子にも育ちますよ!そして小さいうちに大好き攻撃をしていたほうが後は勝手にいい子に育ちますからほんとにラクチンです。男の子の思春期も何のその!!わが子高校生は特に反抗もなく育ってくれてます。もちろんマザコンじゃありませんよ。

 

ママからかまってもらってない、抱っこしてもらってないお子さんは保育園ですぐにわかるんですね。

それは0歳~1歳なら友達を噛みつくんですね。もちろん保育士は止めますがあっという間に噛みついてしまい、それにものすごく強く噛むので歯型がくっきり…他児はかわいそうなくらい泣きますし、保育士も真っ青!になりそうです。

その噛む行為も言い方は悪いのですが、通り魔のように噛みつくんですよ…1歳にして…ほんとにママの抱っこが足りないときに起こっています。




それに友達を突き飛ばす行為や、押してその上にまたがっている子もいます。保育士は慌ててどけますが、すぐまた乗るんです。

 

こんなにもママの力が大きいことを間近に感じてしまうのは保育士が1番でママ、新米ママはなかなか気づかないことだと思います…

 

私が、子育てで困ったとき、暗くて長ーいトンネルに迷い込んだときに、助けられたのが佐々木正美先生の言葉です。

大人に都合の良い子にせず、「大好きよ。可愛いね。」と言っていたら、子供はまっすぐに育ちますよ。

最後までよんで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました