NHK紅白歌合戦2022の観覧応募方法は?倍率や当たりやすくする方法も!

歌番組

毎年恒例のNHK 紅白歌合戦が今年は NHKホールで有観客開催が発表されました。

まだ、出演者の発表はありませんが、是非大晦日は紅白歌合戦を観覧したいという方も多いと思います。

  • 観覧応募方法
  • 観覧倍率
  • 当選しやすくするためには

などお伝えいたします。

是非、この記事を参考にして紅白歌合戦の観覧を応募してくださいね。

NHK紅白歌合戦2022の観覧の期間や応募条件、応募方法は?

2022年10月6日 「第73回 NHK紅白歌合戦」をNHKホールで有観客で行うという正式発表がありました。

第73回 NHK紅白歌合戦の応募方法をお伝えします。

応募期間はいつからいつまで

紅白歌合戦の応募期間は正式発表日から始まっています。

  • 2022年10月6日(木)16:00~2022年10月20日(水)23:59まで

紅白歌合戦の応募期間は2週間ですので、申し込み忘れがないようにしましょう。

紅白歌合戦の応募条件は?

 NHK紅白歌合戦は誰もが応募できるのではありません。

応募条件を満たないと応募できないのです。

応募条件は以下の通りです。

  •  NHK の受信料を支払っている方(受信免除も含む)

紅白歌合戦2022の応募方法は?

紅白歌合戦2022の観覧募集は Web で行われます。

以前行われていました郵便往復はがきでの応募はありませんので、ご注意ください。

お申し込みはコチラから

  • 申し込みにあたっての注意事項を確認し、メールアドレスを入力後「同意する」を押す。
  • 入力したメールアドレス宛に申し込み専用URLが送信。
  • 氏名・生年月日・電話番号・住所・受信契約者氏名などを、同伴者を入力する。
  • 受付完了メールが届く

受信拒否設定などをされている方は、あらかじめ「@sp.n-event.nhk.or.jp」からのメールを受信できるよう設定の変更をしておきましょう。

当落は12月12日13:00よりメールで通知されます。

座席は指定されています。2022年12月28日(水)15:00以降に通知されます。
(申し込み確認ページにてお知らせ予定)

公演当日、18歳未満の方が観覧される場合は、18歳以上の方の同伴が必須になっています。
申込時に同行者の登録必要、申込者・同伴者の本人確認もあります。

NHK紅白歌合戦2022のチケット代金は?

NHK紅白歌合戦のチケット代金は0円、無料です。

テレビの観覧応募(番組協力)は他の番組も無料で行われています。

NHK紅白歌合戦2022の観覧倍率は?

NHKホールの収容人数は3800人です。

2021年は、観覧申し込みは12万1425件でした。
以前は、はがきで何枚も応募できていたのが、WEBで放送受信料1件につき1応募になったからでしょう、ぐっとこれでも減ったんですよね。

2018年コロナ前は、はがきの応募も可能でしたので、倍率はなんと、815倍だったんです。

108万5171枚応募で当選は1331枚で当選倍率は815倍。

2021年は、12万1425件で10分の1に減ったと考えると、815倍の10分の1では80倍くらい。

2022年も同じくらいか、100倍くらいの倍率になるかもしれないですね。

NHK紅白歌合戦2022当たりやすくする方法は?

NHK紅白歌合戦の応募は NHK の受信料をはらっている人が応募の条件ですから、1世帯1応募です。

ですから、当たりやすくする方法は、入力ミスだったり、NHKの受信料をはらっている住所と身分証明書の住所がちがうなどの手続きによるミスをなくすことくらいだと思います。

入力ミスではじかれるのももったいないので、間違わない様によく確認して申し込みましょう。

NHK紅白歌合戦2022の観覧応募方法は?倍率や当たりやすくする方法も!のまとめ

NHK紅白歌合戦の観覧応募は2022年10月6日~10月20日と2週間ですので、忘れない様に申し込みましょう。

また、申し込みができるのはNHKの受信料をはらっている方のみです。

また、倍率ははがきの申し込みができなくなりましたので、10分の1くらいになって多くて100倍くらいだと予想します。

当たりやすくするには、入力ミスをしないことぐらいですね。落ち着いて応募しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

NHK紅白歌合戦の司会者は松本潤と小池栄子?はコチラ

NHK紅白歌合戦に中森明菜と松田聖子は出演?はコチラ

NHK紅白歌合戦の見逃し配信はU-NEXTで視聴しよう!

⇒【クリック】U-NEXT公式サイトはコチラ

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました