下村一喜の父母や事務所などのプロフィール、オネエって本当?「深イイ話」に出演!

2020年10月5日の「人生が変わる1分間の深イイ話」に出演された下村一喜さん。西川貴教さんを撮影する光景が映し出されました。

大物芸能人を撮影されてきた下村一喜さんのWiki風プロフィールやオネエ疑惑についても調べてみました。



「深イイ話」に出演!下村一喜の父母は?

 

2020年10月5日放送で西川貴教さんの撮影時でも掛け声?をかけて、西川貴教さんの筋肉美を素敵に写していらっしゃいました。



下村一喜さんの父や母は?

下村一喜さんのお父様は同志社大学ボクシング部出身の超イケメン、お母様はJAL国際線のCAだったそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

お父さん。 優しくて背が187センチと高くて、 そして、スポーツマンだった。 僕がお父さんと、大阪の南や北新地に 飲みに行くと、綺麗なホステスの人や ニューハーフの人が下村さん!下村さん!と 団子になった。 僕が小さい頃、引っ越しを繰り返したのは、お父さんのせいでもあった。近所の女性がしょっちゅ 訪ねて来た。関係は何も無いのに、居座る。 神戸の華僑の人や、オランダ人の 女性。で、その人達は、僕にとても優しく、 父の仕事中、色々な場所に連れて行ってくれた。 そして その美しい中国人の女性が、人差し指 で 僕の鼻をスーッとなぞって、言いました。 貴方の鼻が2センチ 短く、15センチ 背が高かったら、素敵なのに、と。 日本航空の国際線のスチュワーデスの、世界を知る母が、下村さんを見た時、痺れた と言っていました。優しかった人。 #下村一喜 #kazuyoshishimomura #photographer

写真家 下村一喜(@kazuyoshi_shimomura)がシェアした投稿 –

お父様は187cmもあり、モテモテ だったんですね!女性の人ばかりではなく、ニューハーフの人にも!!

ホントイケメンだね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

お母さん my mother❤️ #澤喜久子 母とは名字が違う。 僕の家は、名字が沢山あるんですね。織田信長の家臣#荒木村重 によって滅んだ室町から続く、大阪の大名家。伊丹氏(村重は#伊丹城 を後から#有岡城 と名付けました。負けた家の家紋は違い鷹羽です)伊丹城は日本で最初に#天守閣 を構えたお城でした。また、芸術を愛するお殿様でもありました。大阪にある伊丹空港 は#伊丹親興 の事です。 葉山御用邸おそばの青柳家。青柳さんは宮使えの女官でした。 電気灯と云う技術と(大正時代に電気電話と云うものを海外から伝えた)電気科学者の麻布の伊藤家と、、。 戦後の復興期に船場や御堂筋にビルディングが建築されて行きます。そして特に大阪の万博のパビリオン。その管理人の方や清掃業者の方々の派遣とメンテナンスの総事業で、#高度成長期 に一代で財を成した下村さん。阪急の#小林一三 さんに大変 お世話になったそうです。なので僕の実家は宝塚にあるんですね。また、時代が変わり、僕が#宝塚歌劇団 のポスターを撮影させて頂いているのは、とても光栄で#神戸新聞 の記者の方が記事にして下さり、 「写真家として故郷に錦を飾った」と書いてくださった。 僕の兄妹の名前の澤さんは、江戸の御典医で、 高輪の、お医者さん。 これは、60年代に母がJALの国際線のスチュワーデス だった時、ハワイで撮影した写真。ただ、ワイキキのビーチでは無く、空港に近いホテルのプールで撮影したもの。日焼けしてはいけないんです。 #僕とお母さんの性格はそっくり。 #feudallord family #下村一喜 #kazuyoshishimomura #photographer #写真家

写真家 下村一喜(@kazuyoshi_shimomura)がシェアした投稿 –

上記、凄いことばかり書いてありますね!!

お母様はCAだったので海外の話をよく聞いていたそうです。その頃からきれいなもの美しいものが好きで、よく絵を描いていたとか。

しかし、両親が離婚!

お父様があまりにもモテたのでお母様が家を出ていったんだそうです…。

複雑な家庭環境で、大変な幼少期をすごされたみたいですね。




下村一喜さんのWiki風プロフィールも見ていきましょう!

名前 下村一喜(しもむらかずよし)
生年月日 1973年6月25日(47歳・2020年10月現在)
出身地 兵庫県明石市
学歴 多摩美術大学
職業 写真家・フィルムディレクター
事務所 アジャンスヒラタ合同会社

下村一喜さんは多摩美術大学の出身なんですね!

多摩美術大学出身の芸能人は下記の方がいます。

・松任谷由実

・京本政樹

・三宅一生

・日比谷克彦

・片桐仁

・蜷川実花

・佐藤可士和

錚々たるメンバーですね!

下村一喜さんは多摩美術大学には映画を作りたくて進学されたそうです。でも、在学中に「写真は止まった映画だ」と気づきそれ以来は写真の虜になったそうです。

2001年に写真家としてフランスに渡ります。(当時21歳)

半年後にはフランスファション誌「madame FIGARO」と契約します。

イギリスの伝説的なカルチャー誌「THE FACE」の表紙撮影に日本人として初めて起用されます。ヨーロッパで活躍!

 

2007年に帰国。

帰国の理由が「日本の美人画」こそが自分の取りたい世界観だと気付いたからだそうですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

写真家 下村一喜(@kazuyoshi_shimomura)がシェアした投稿

ho.ly97

凛とした女性ですね

素敵ですね!

PVは浜崎あゆみさんの楽曲を担当されています。

・Green

・Mirrorcle World

・Sparkle

・Lady Dynamite

浜崎あゆみさんとは旧知の仲!ファンの間でも「シモコ」の愛称で知られているんですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

写真家 下村一喜(@kazuyoshi_shimomura)がシェアした投稿

2014年宝塚歌劇団100周年記念作品では総合ビジュアルを担当しています。

 

2012年に公開された映画「ヘルタースケルター」(監督・蜷川実花)にもカメラマンとして出演されています。

 

国内だけでなく海外のアーティストからも絶大な信頼を受けています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

写真家 下村一喜(@kazuyoshi_shimomura)がシェアした投稿

すごく綺麗ですよね!

国内外から高く評価されているんだってね!




下村一喜はオネエ?

下村一喜さんは自身がゲイであることをカミングアウトしていました。

下村一喜さん自身が女性の格好をしたいとか、女性になりたいという感情はないそうです。

指が美しすぎる!!

下村一喜の父母や事務所などのプロフィール、オネエって本当?「深イイ話」に出演!のまとめ

下村一喜さんの父はイケメンで女性が放って置かなかった。

母はCAでした。

幼少期に両親は離婚。

小さい頃から美しいものが好き。

多摩美術大学で写真に目覚め、現在に至ります!

オネエと言うことをカミングアウトしていました。

綺麗な女性を今後どんどん取り続けてほしいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました