それがいる森は実在し実話なの?撮影場所(ロケ地)はどこ?原作やあらすじネタバレも!

それがいる森は実在し実話なの?撮影場所(ロケ地)はどこ?原作やあらすじネタバレも!

相葉雅紀さん主演のホラー映画『“それ”がいる森』はジャパニーズホラーの名手・中田秀夫による最新作です。

相葉雅紀さんがホラー映画の主演は初めてで話題になっています。

不可解な怪奇現象が多発する森を舞台にしたと言われるこの映画。

公式ページには実在する森があるとしていますが、撮影場所はどこにあるんでしょうか?

また実話なんでしょうか?

原作やあらすじネタバレも気になります。

今回は、それがいる森の撮影場所はどこ?実在し実話なの?原作やあらすじネタバレも!と題してお伝えいたします。




それがいる森って撮影場所(ロケ地)はどこ?

それがいる森の撮影場所は明らかにされていません。

でも富士の樹海(山梨県富士河口湖町にある青木ヶ原)ではないかと予測します。

自殺者が多い場所と言われているんですね。

なんと都市伝説もあります。

1、樹海はコンパスが効かない迷いの森である。
2、樹海にはそこら中に死体が転がっている。
3、樹海には人を襲う犬や熊などの動物がいる。
4、樹海には、自殺に訪れたが死にきれなかった人が作った村がある。
5、樹海には、独自の新興宗教がある。         引用元 東洋経済

撮影場所(ロケ地)は富士の樹海(山梨県富士河口湖町にある青木ヶ原)の可能性がありますね。

富士の樹海(山梨県富士河口湖町にある青木ヶ原)の口コミ

・悪い噂ばかりが有名ですが、そんなこと気にならないくらい生命の力がひしひしと伝わる場所です。 必死に生きている意識のようなものを感じれます。

・命を絶つつもりでここを訪れたが逆に救われた場所。 空気は澄んでるし木々も力強くて元気をもらった。 精神病院で適応障害と診断され入院したけど 退院して社会復帰して頑張ってる。

・山中湖は幼い頃から何度も行きましたが初めて行きました。 とても神秘的な場所で日常で気付かないパワーを貰えるような気がしました。 日中に行きましたが、遊歩道だけを歩けば安全です。

引用元 ローカルガイド

悪いうわさもありますが、とても神秘的な場所ということで「それがいる森」の撮影場所(ロケ地)にピッタリなのではないかと思います。

詳細が分かり次第お伝えします。






それがいる森って実在し実話なの?

それがいる森は富士の樹海(山梨県富士河口湖町にある青木ヶ原)の可能性があるので実在すると思われます。

 

不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに、主人公たちが得体の知れない“それ”に遭遇するという未知の恐怖を描いた、新時代のホラーエンターテインメントとなっている本作。果たして、“それ”の正体とは――?!                       Yahoo!Japanニュース

実在の森を舞台と書いてあり、実際に数々のそれを見たと記載されていますから、実話をもとに製作されていると思われます。

実際に数々のそれを見たというのはたくさんの自殺者がいるということになり、富士の樹海(山梨県富士河口湖町にある青木ヶ原)を舞台にした実在実話の可能性が高いですね。

それがいる森の原作やあらすじネタバレは?

それがいる森の原作はありません。

中田秀夫監督が“新時代のホラーエンターテイメント”を作り出します。

あらすじやネタバレも詳しくは分かっていません。

今作は、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに、主人公たちが得体の知れない“それ”に遭遇するという、未知の恐怖を描いていく。

それがいる森の映画をU-NEXTで超お得に見る方法

最新の映画を映画館で超お得に見る方法なんてないと思っていたのですが

なんと、映画館でとっても超お得に見る方法があるんです。

  • U-NEXTで映画チケットを購入→通常の映画代金1800円が1500円で購入可能。300円もお得!
  • 31日間無料トライアル期間なら600ポイント付与されるので600ポイントを使用し900円に!!
  • 無料トライアル期間を過ぎ会員になると1200ポイントがもらえます。
  • 3カ月間のポイント3600円からペアチケット代3000円ポイント使うことも可能。とってもお得に見れます。
  • (ポイントは3カ月で有効期限が切れるので注意が必要です)

 

U-NEXTならそれがいる森をペアで超お得で見る方法がありますよ。

 

それがいる森は実在し実話なの?撮影場所(ロケ地)はどこ?原作やあらすじネタバレも!のまとめ

それがいる森は実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに、主人公たちが得体の知れない“それ”に遭遇するという、未知の恐怖を描いていく。

ということで実在し、実話をもとに描かれます。

その撮影場所(ロケ地)は富士の樹海(山梨県富士河口湖町にある青木ヶ原)と思われます。

原作はなく、中田秀夫監督が“新時代のホラーエンターテイメント”を作り出します。

あらすじネタバレも詳細が分かり次第お伝えします。

嵐の活動休止以来、俳優業に邁進している相葉雅紀さんの演技にも期待したいですね。

それがいる森のキャスト一覧の記事はこちらから

最後まで見ていただきありがとうございました。

ニーサをフォローする
きらりん★ブログ
タイトルとURLをコピーしました