当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

本ページはプロモーションが含まれています。

お正月飾りいつまでが適切?四国地方の場合を完全ガイド!

正月

お正月が近づくと、私たちはよく「お正月飾りはいつまで飾っておくのが適切なのだろう?」という疑問を抱くことがあります。

これは、地域によって異なる習慣があるため、一概に答えるのが難しいのですが、今回は特に四国地方の慣習にスポットを当てて、詳しくご紹介いたします。

近年は、お正月飾りをスーパーマーケットなどで簡単に購入できるようになりました。しかし、飾り終えた後の処分については、多くの方が悩まれる部分かと思います。

そこで、この記事では、正しい処分方法も併せてご案内しますので、是非参考にして、穏やかで心地よいお正月をお迎えください。

四国地方におけるお正月飾りの期間は?

では、四国地方ではお正月飾りをいつまで飾るのが一般的なのでしょうか。実は、四国地方では1月15日までが慣習として定着しています。

これは関西地方と同じですが、一方で関東地方では1月7日までとなっています。

このような地域ごとの差は、驚くべきことに江戸時代にさかのぼる歴史があります。

元々、全国的には1月15日までとされていたのですが、徳川家光の逝去をきっかけに、幕府が1月7日までに飾りを取り除くよう指示しました。

この指示は、関東地方には正確に伝わったものの、遠く離れた関西地方には届かず、そこでは15日までの習慣が今も続いています。

こうした幕府の指令の伝達状況によって生じた地域差は、日本の長い歴史と伝統を感じさせるものですね。

四国地方では、しめ飾りや門松、鏡餅といった一般的なお正月飾りのほかにも、地域特有の飾り付けをする風習が存在します。

例えば、香川県東部では、豊かな収穫を願って旬の野菜やブリを神棚に吊るすという独特な習慣があります。

一方、愛媛県の内子町では、カシの木で作られた門松を設置し、玄関には無限大の形を模したしめ飾りを掲げるという、地域ならではの美しい伝統があります。

このように、四国地方内でもお正月飾りの形態は非常に多様で、それぞれの地域に根付いた独自の風習があります。ご自身の住んでいる地域にも、特有のお正月飾りがあるかもしれませんので、一度調べてみるのも楽しいでしょう。

ただし、喪中の場合は、一般的にお正月飾りを飾るのは控えることが推奨されています。

お正月飾りの設置時期とその地域ごとの違い

お正月飾りを設置する適切な時期については、多くの人が「地域によって異なるのではないか」と疑問を持っているかもしれません。しかし実際には、その設置時期に大きな地域差は存在しません。

多くの場合、12月13日以降に飾るのが一般的です。これは、12月13日が「正月事始め」として知られ、多くの神社で「すす祓い」という儀式が行われる日であるため、この日以降に設置する習慣が根付いています。

ただ、現代ではクリスマス装飾を12月25日まで続ける家庭が増えているため、12月26日以降に設置しても問題ありません。

しかし、12月29日と12月31日の日付には注意が必要です。29日は「二重苦」を連想させるため、31日は「一夜飾り」となってしまうため、これらの日に飾ることは避けられています。

おすすめの日は12月28日です。「8」は末広がりの意味を持ち、昔から縁起が良いとされる数字であるため、この日に飾ることが推奨されています。

お正月飾りを処分する適切な方法

お正月飾りの処分方法には、大きく分けて二つの方法があります。一つは神社で処分する方法、もう一つは自宅で処分する方法です。それぞれの方法について、ここで詳しく解説しましょう。

神社で処分する方法

一般的には、神社で行われる「どんど焼き」を利用して処分する方法があります。

どんど焼きは、お正月飾りやお守りを焚き上げ、新しい年の無病息災を願う日本の伝統的な行事です。

飾りを取り外した後、近くの神社へ持参するのが良いでしょう。
四国地方では、どんど焼きは大抵1月15日前後に行われます。開催日は神社によって異なるので、事前に確認しておくことをお勧めします。

しかし、環境保護の観点から、プラスチックや金属など燃えない素材を含む飾りは受け入れない神社もありますので、注意が必要です。燃やせる素材の飾りを選ぶか、事前に神社に確認しておくと良いでしょう。

徳島県美馬市の吉野川河川敷ではかつて、約2万本の竹を使った壮大などんど焼きが行われたことがあり、その迫力は見る者に強い印象を与えるものでした。

自宅で処分する方法

神社へ行くことができない場合は、自宅で処分することも可能です。重要なのは、適切な処分方法を守ることです。

処分の手順は次のようになります。

  1. お正月飾りを新聞紙や別の紙の上に置きます。
  2. 飾りの上に粗塩を振りかけ、清めます。
  3. 紙で飾りを包んで、整理します。
  4. 地域のゴミ分別方法に従い、新しいゴミ袋に入れて処分します。

    この方法なら、簡単に適切に処分することが可能です。

    お正月飾りは通常、毎年新調することが多いですが、環境や経済面を考慮し、来年も使用する場合は、風通しの良い場所で保管することを推奨します。

    まとめ四国地方におけるお正月飾り

    四国地方では、お正月飾りは1月15日までが設置期間とされています。設置開始は12月13日以降が一般的で、12月29日と31日は避けた方が良いです。

    処分方法としては、どんど焼きに持ち込むか、自宅で塩を使って清める方法があります。

    この記事を通じて、お正月飾りに関する疑問が解消され、日本の伝統文化を大切にする気持ちが深まることを期待します。

    スポンサーリンク
    正月
    管理人をフォローする
    きらりん★ブログ
    タイトルとURLをコピーしました