トラジャ吉澤閑也の活動休止はいつまで?適応障害は治らない?

トラジャ(Travis Japan)の吉澤閑也さんが一定期間体調不良の為活動休止になりました。

体調不良とは、両脚すねの疲労骨折の悪化による腱鞘炎(けんしょうえん)と、適応障害によるものです。

米国で武者修行のトラジャ(Travis Japan)の吉澤閑也さんですが、活動休止はいつまでなのでしょうか?

また怪我の原因は舞台「虎者」の演出ではないかと言われています。

今回はトラジャ吉澤閑也の活動休止はいつまで?怪我の原因は舞台虎者の演出?と題してお伝えします。

トラジャ吉閑也澤の活動休止はいつまで?

トラジャ吉澤閑也さんの活動休止はいつまででしょうか?

吉澤閑也さんは現在2つの病を抱えています。

  1. 疲労骨折の悪化による腱鞘炎
  2. 環境の変化による適応障害

疲労骨折だけの場合は手術をもし、行っても2~3カ月で完治するようです。

適応障害はストレス因子を除けば6カ月で治ります。

とはいえ、2つの病が完治するには、上記以上の時間は要するでしょう。

活動休止も最低でも1年はかかると思います。

疲労骨折の悪化による腱鞘炎

疲労骨折は、1回の大きな力で骨が折れる通常の骨折とは異なり、同じ部位に小さな力が少しずつ加わることで発生する骨折です。慢性的なスポーツ障害のひとつで、ランニングやジャンプなど、同じ動作を繰り返すスポーツ選手に多くみられます。

引用元 omron

疲労骨折の完治は、運動を中止して安静を保つことが運動を中止して安静を保つことが大切です。

同じ動作を繰り返して発症したのであれば、その動作を1〜2ヶ月程度行わないようにすると、ほとん

どが快方に向かうようですが、6月の時点で運動中止は行っていて、疲労骨折の悪化ということで安

静だけでは完治は難しいかもしれません。

 

疲労骨折に対して、超音波骨折治療法「LIPUS(アクセラス)」では、骨折の治療期間が4割ほど短

縮できたとの学術データもある先進医療があります。

この治療法は、サッカーのデビッド・ベッカム選手や野球の松井秀喜選手が骨折治療のために受けた

ことでも知られています。

また、カテーテル治療でも完治したとの記述もありました。

今後は米国で医師の指導のもと、治療を行うようですが、日本での治療が吉澤閑也さんにとって安心できるのではと思われます。

吉澤閑也さんも、この超音波骨折治療器やカテーテル治療法など最先端の治療を受けて早く完治してほしいですね。

適応障害

適応障害は、強いストレスによって、日常生活を送ることが困難になるほどの”こころの不調”が現れる病気です。誰にでも起こりうる心の病気の1つで、うつ病の〝手前〞の状態だと考えられています。早めの対処が必要です。   引用元 NHK健康チャンネル

治療で重要なのは、

(1)環境を調整する、

(2)ストレスを減らした状態に適応できるようにすることです。

(1)環境を調整するストレスのもとを減らすことが基本です。

環境を変える方法(環境調整)を考えましょう。

ストレス因子をうまく取り除いてあげれば6カ月で治ります。

トラジャ吉澤閑也の適応障害は治らない?

アメリカにとどまっての治療だと環境を変えることにならず、適応障害は治らないのではないでしょうか?

しかも、英語がメンバーの中でも苦手だったという吉澤閑也さん。

もちろん、アメリカでダンスの修行もわかりますが、まずはストレス因子を取り除いてあげないと適応障害から進んだ鬱になりかねないので、一時帰国を願うばかりです。

まとめ

吉澤閑也さんの疲労骨折は2~3カ月かかり、適応障害は6カ月で完治できると思われます。

でも、適応障害の原因のアメリカでの生活を取り除いて、完治するものと思います。

よって、吉澤閑也さんの適応障害は治らないと思われます。

まずは帰国して、しっかり休んで治療に専念してもらいたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました