打越正行の経歴学歴は?出身高校や大学はどこ?結婚や子供についても調査

打越正行 人物

2022年5月16日放送の「激レアさんを連れてきた」で
社会学の研究をするため、20年間暴走族のパシリをしていた大学教員として登場されました。

社会学を研究するためと言ってもなかなか暴走族のパシリをする人っていないですよね。

そんな打越正行さんの経歴や学歴が気になります。

打越正行さんの出身高校や出身大学をどこか、また結婚をしていて子供はいるのか調査しました。

打越正行の経歴・プロフィールは?

打越正行さんのプロフィールを紹介します。

  • 名前:打越正行
  • 生年月日:1979年生まれ
  • 出身:広島

打越正行の学歴は?出身高校や出身大学は?

  • 出身高校:広島県の高校
  • 出身大学:琉球大学教育学部数学科
  • 最終学歴:首都大学東京の大学院

打越正行さんの出身高校は分かりませんでした。

広島出身なので出身高校も広島の高校であると思われます。

打越正行さんの出身大学は琉球大学教育学部数学科で、数学の先生を目指していたそうです。

しかし、沖縄で暴走族を見て、彼らの事をもっと知りたいと思い、打越正行さんは暴走族のパシリになります。

運命の出会いは沖縄の暴走族だったんですね。

それでもよく暴走族のパシリになられたと思います。

影響を受けた研究者にホームレス研究が専門の青木秀男さんと沖縄の生活史調査が専門の岸政彦さんだそうです。

青木先生は、広島で打越さんも所属する社会理論・動態研究所を開かれています。

 

▼▼打越正行さんの20年間の暴走族のパシリ生活から得た貴重な体験の本はこちらから▼▼

打越正行さんの経歴は?

2020年4月より和光大学の専任講師になられています。

面白い先生ですね。

 

以下は和光大学のホームページより引用しました。

大変面白い、興味をひく内容ですよ。

【教育活動】
・2020年4月、和光大学現代人間学部現代社会学科に専任講師として着任

和光大学で担当する講義は以下の通りです。
■「質的調査法の基礎」
生活史インタビュー、フィールドワーク、参与観察といった質的調査法について学びます。レポートは、実際に質的調査法を使ってインタビューをしてもらいます。

学生によるレポートの対象者の例:
大学の清掃員のおじさん、ヤンキーになった同級生、お笑い芸人、シングルマザー、沖縄で長男の嫁になった母親、沖縄戦を生き抜いた祖父、南大東島のサトウキビ農家、漁師になった幼馴染、みかん農家、離島の若者など

■「フィールドワークを学ぶ/で学ぶ」
夏季休暇中に1週間ほど沖縄へフィールドワークに行きます。詳細は参加者の要望を聞いてから決めます(例:エイサー青年団、パイン農家、離島の子どもたちなど)。沖縄で日々起こっていること、そこに生きている人たちの生活や人生についてしっかり調べて、真剣に考える講義にしたいです。

■「現代社会学演習3(ゼミ)」
人間の行動や言葉には、そのひとなりの理由があります。それについて、実際に自分で調べてわかるように話す、書くことをていねいに行うゼミにします。

ゼミテーマは、「むかつくことについて、共有し、調べて、考える」とします。
「むかつき」を心のなかで感じたり、つぶやくことはあるけれど、なかなか他人に伝えることは難しいかもしれません。ただそのまま放置していると、いつの間にかしんどいのは自分のせいだと自身を責め始めたり、立場の異なる人びとに攻撃的になったり、限界を超えると爆発してしまうかもしれません。
ゼミでは、そのどれでもなく、しんどいことをみんなで共有します。その次に、そのむかつきを克服するのではなく、むかつきの原因について調べて、細かくていねいに人や仕組みのせいにして、むかつきから解放されることを目指します。そのために、誰かに話を聞きに行ったり、どこかで活動に参加することをすすめます。

■「教育実践論」
教員免許取得希望者向けの講義です。子どもをひとりの人間として尊重し、子どもの生活や言動をていねいに観察すること。その観察をもとに「おもしろく」、「わかる」授業をつくる力を身につけることを目指します。

この他に、「貧困の社会学B」、「現代世界入門A」、「プロゼミ」などの講義を担当します。

打越正行さんの講義が当日空席なら受講できます。和光大学シラバスから確認ください。

講義、空積があったら受講できるようですよ(^^)/

受けてみたいですよね~!

興味あります(*^-^*)

 

打越正行は結婚している?子供はいるの?

打越正行さんが結婚をされていて子供がいるのかの情報は分かりませんでした。

打越正行の経歴学歴は?出身高校や大学はどこ?結婚や子供についても調査のまとめ

打越正行さんの経歴はほんと激レアでしたね。

琉球大学の教育学部の数学科で数学の先生ではなく沖縄の若者の実態調査をされました。

根本的に子供の将来を真剣に考えてくださる熱い方と思います。

今後の活躍に注目したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました