雪女と蟹を食う3話のあらすじ感想は?自担なら死ぬレベル演技力も凄い!

雪女と蟹を食うは重岡大毅さんが主演のドラマで話題になっています。

しかもラブシーンが多く、ジャニーズの演技とは思えないほどです。

今回の第3話でもキスシーンがありました。毎回キスシーンがあるようですが…。

重岡大毅くんの演技も注目された第3話。

雪女と蟹を食う3話のあらすじ感想は?自担なら死ぬレベル演技力も凄い!と題してお伝えします。

⇒【クリック】月額1,017円(税込)で雪女と蟹を食うを視聴する!

Paravi

雪女と蟹を食う3話のあらすじ感想は?

死ぬ前に蟹を食べるため北海道へ向かう北(重岡)と同行する謎多きセレブ人妻・彩女(入山法子)は山形・銀山温泉を次の目的地に北上していた。そんな中、体調を崩した彩女を目の前にした北は、ふと自分のつらい過去を振り返る。
 銀山温泉に到着し、彩女の看病をする北だったが、彩女が婚約指輪を付けていることに気づき複雑な気持ちになる。翌日、道中で書店に寄った北は、偶然彩女の夫である一騎(勝村政信)の小説を見つける。 引用元 公式サイト
痴漢冤罪で両親にも同僚にも彼女にも無実を信じてもらえなかった北。
「俺が何をしたっていうんだよ」
北は心で叫んでいた。

悔しい思いとやるせなさ、自殺をしようという気持ちも理解できなくはないですね…。

マホと付き合っている頃の回想。

マホは旅行に行きたがっているが、北は「行かない」とそっけない。結婚のためにお金を貯めているからだという。

「来年に行くよ」と北はマホに冷たかった。

去年も同じことを言っていたのをマホは思い出す。

北は、みんなに見放されたのは、理不尽にしてきた報いだったのだと、彩女に告げる。

理不尽になる事っ人間誰だってありますよ!

人生後悔もつきものです!

鉱山温泉。

彩女をおぶって歩く北。やっと宿に着く。

彩女は気管支の持病があり、無理してしまうと熱が出たり呼吸困難に…。
熱がある彩女。

北は、スポーツ飲料とか欲しいものは?と訊ねる。

彩女は「キス」という。

深いキスに体を求めてくる彩女。これは自暴自棄だと!

北海道を目指すために青森へ。

北海道のガイドブックを買う為に本屋へ入り、そこで彩女の旦那の小説を見つけます。

『蝉時雨』作者は雪枝一騎。

貧しい小説家と美しい妻との短編集。

小説家として成功する為に自分を犠牲する妻。

それが重荷になり不倫を繰り返すようになる夫。妻は不倫に気づくがそのまま気づかないふりをして生活していく。

夫は愛人と生活していくように決める。

北と一緒に死のうと思っている。

やっと彩女の本当の気持ちに気づく北。


雪女と蟹を食う3話自担なら死ぬレベル!演技力も凄い!

今回も北こと重岡大毅君のキスシーンがありました。

キスシーンは毎回ありそうですよね。

ファンは、辛いですよね!

重岡君ファンは辛いですね、この毎回あるキスシーン!

でも、演技がすごいって高評価だから、ファンもその点は嬉しいだろうね!

 

雪女と蟹を食う3話のあらすじ感想は?自担なら死ぬレベル演技力も凄い!のまとめ

北は彩女が北海道に行く目的を知った北。

北は彩女と行きたいとも思っているようなのに、彩女の本当の目的は北と一緒に自殺すること。

第4話が楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

⇒【クリック】月額1,017円(税込)で雪女と蟹を食うを視聴する!

Paravi

本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました