雪女と蟹を食う7話の感想視聴率は?マリア彩女のベッドシーンが切ない!

ドラマ

ジャニーズ WEST 重岡大毅さんが主演するドラマ雪女と蟹を食うも第7話になりました。

北と彩女がはぐれてしまい、なかなか会うことができません。

そんな中マリアとの生活になじんでいっている北。

一方で彩女は巡と連絡を取り、一騎の動向を探っていました。

今回は北と彩女のそれぞれのベッドシーンが気になりましたね。

見ていて切なくなった人も多かったようでした。

今回は「雪女と蟹を食う7話の感想視聴率は?マリア彩女のベッドシーンが切ない!」でお伝えします。

▼これまでの放送のイッキ見はこちらから▼

⇒【クリック】月額1,017円(税込)で視聴する!

Paravi


雪女と蟹を食う7話の感想は?

札幌で彩女と離れ離れになってしまった北は、路上で倒れていたところを再びマリア(久保田紗友)に拾われ、マリアの家に身を寄せていた。素性を明かさない北を「コタロー」と呼びながら、何気ない日常に幸せを感じるマリア。ある日、マリアから「生きがい」を問われた北はふと彩女のことを思い出す。

一方、彩女は夫・一騎(勝村政信)の編集担当・巡(淵上泰史)ととある教会で落ち合って

職場にスマホを忘れていたマリア。届けようとみると、

マリアのスマホの待ち受けが自分の寝顔になっており、思わずにやけてしまった北。

マリアはちょっぴり北に気があるようですよね。

そのスマホに『田辺』という人物から、何度もメッセージが届きます。

 

店に田辺の妻がマリアと田辺が浮気していると思い込み、
カッターナイフを握り、マリアに襲いかかります。

ちょうど、北がやってきて田辺の妻を押さえつけ、擦り傷を負いながらもマリアを助けました。

マリアは北にしがみつきました。

「死ななくて良かった」と北は安堵して言いました。

一方、彩女は、一騎の出版社の担当・巡とおちあい、

一騎の行動を巡から聞き出します。

巡は、何故、一騎を追いかけるのかと聞きます。

彩女は「自分の物語を終わらせるため」と答えると、巡は、

「どうして、そこまで、一騎に固執するのか」
と巡は疑問を口にします。

巡は自分なら彩女を喜ばせることができる言います。

えっ!そういう展開なんですね。

まさか巡が彩女に好意を持っている展開になると思っておらずに、あらあらでした。

 

最後のベッドシーンはちょっと切なくなってしまいましたね。

それぞれ思っている人と違う人とベッドイン。

彩女も北を思っているハズと思いたいですが…。

雪女と蟹を食う7話の視聴率は?

雪女と蟹を食うの視聴率はまだ発表があっていません。

わかりましたらお伝えします。

ちなみに、TVerのドラマランキングでは32作品中26位でした。

雪女と蟹を食う7話のマリア彩女のベッドシーンが切ない!

ほんと、見ていて切なかったですね。

マリアも幸せになってほしいけど、北が好きなのは彩女ですもんね…。

雪女と蟹を食う7話の感想視聴率は?マリア彩女のベッドシーンが切ない!のまとめ

北と彩女のそれぞれのベッドシーンが気になりましたね。

マリアも幸せになってほしいけど、北の生きがいは彩女。

次回の8話も見逃せませんね。

雪女と蟹を食う最終回結末はこちら

▼これまでの放送のイッキ見はこちらから▼

⇒【クリック】月額1,017円(税込)で視聴する!

当サイトは2022年8月の情報ですので、最新情報をParaviホームページでご確認ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました