当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

本ページはプロモーションが含まれています。

紀三井寺の初詣2023の混雑状況は?穴場時間帯やご利益、屋台も紹介!

初詣

紀三井寺、その名称は境内に湧く三つの井戸から名付けられたとされ、正式には「紀三井山金剛宝寺護国院」と称されています。この寺は西国三十三所巡りの第2番札所であり、桜の名所としても名高いです。毎年多くの参拝者がこの地を訪れます。

そんな紀三井寺の初詣における混雑状況について、2023年の見通しを「紀三井寺の初詣2023混雑状況は?穴場時間帯やご利益、屋台についても紹介!」というテーマで詳しくご紹介します。

紀三井寺初詣2023の混雑状況と穴場時間帯

混雑状況について

特に混雑が予想されるのは、12月31日の深夜から1月1日~3日にかけてです。

31日の夜から1日の未明にかけて、特に23時から2時の間は多くの人が集まります。さらに、1月1日から3日までの午前9時から午後3時にも混雑が見込まれます。除夜の鐘を撞くことができる年越しの時間帯は、特に混雑が予想されるので注意が必要です。

過去のフェイスブックやツイッターなどでの調査によると、2021年と2022年は新型コロナウイルスの影響で混雑が少なかったものの、2020年は1月1日と2日の昼間に人が多かったとのこと。今後、コロナの影響が減少すれば混雑する可能性はありますが、過度に混雑することはなさそうです。

また、1月7日(土)から9日(祝)の連休も、3が日に参拝できなかった人たちが集まるため、人出が多くなると予想されます。

穴場の時間帯

3が日の後や3連休後の10日以降は比較的空いていると考えられます。

土日祝日にしか参拝できない方は、3が日であれば9時まで、4日以降は午前中の早い時間が狙い目となります。

紀三井寺のアクセスとご利益(初詣基本情報)

基本情報

  • 住所:〒641-0012 和歌山県和歌山市紀三井寺1201
  • 人出:例年約11万人
  • アクセス:JR紀勢本線「紀三井寺駅」下車、南へ徒歩約12分
  • ご利益:良縁成就、商売繁盛、厄除け、子授け、安産祈願など
  • 2023年参拝可能時間(予定):紀三井寺は3が日は24時間参拝可能ですが、境内札所は8時~17時まで。参拝料は大人200円・小中学生及び70歳以上は100円が必要ですが、除夜と1月1日~3日は無料です。

紀三井寺初詣2023の屋台と駐車場

屋台について

屋台では、唐揚げ、焼きそば、たこ焼き、イカ焼き、りんごあめなどが並び、食べ物に困ることはないでしょう。

紀三井寺の近くには、参拝者にとって便利な駐車場が複数設置されています。以下、その詳細をご紹介します。

紀三井寺周辺の駐車場案内

  1. 紀三井寺専用駐車場
    • 住所: 和歌山県和歌山市紀三井寺料金: 300円(3時間以内)収容台数: 約30台距離: 紀三井寺まで徒歩数分
    この駐車場は紀三井寺に非常に近く、3時間以内であれば一台につき300円の料金がかかります。便利な立地にあるため、収容台数が30台と限られていることを考慮すると、早い時間に満車になる可能性があります。
  2. 紀三井寺はやしNO.5駐車場
    • 住所: 和歌山県和歌山市紀三井寺
    • 料金: 24時間400円
    • 収容台数: 約70台
    • 距離: 紀三井寺まで徒歩約2分
    紀三井寺から徒歩約2分の位置にあるこの駐車場は、収容台数が約70台あり、一日400円というリーズナブルな料金設定が魅力です。紀三井寺訪問に最適な駐車場と言えるでしょう。

まとめ

「紀三井寺の初詣2023混雑状況は?穴場時間帯やご利益、屋台についても解説!」というテーマでご紹介ました。

  1. 混雑が予想される日程は、12月31日深夜から1月1日~3日。
  2. 12月31日夜から1月1日未明の23時~2時、そして1月1日~3日の午前9時~午後3時が特に混雑。
  3. 混雑を避けるなら、1月5日(木)・6日(金)、または3連休後の10日以降がおすすめ。
  4. 3が日は午前9時まで、4日以降は午前中の早い時間帯が穴場。
  5. 新型コロナウイルス対策を意識しながらの参拝を推奨。

紀三井寺への参拝を予定している方は、これらの情報を参考にして、安心して参拝を楽しんでいただければと思います。

スポンサーリンク
初詣
管理人をフォローする
きらりん★ブログ
タイトルとURLをコピーしました