当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

本ページはプロモーションが含まれています。

下鴨神社の初詣の混雑状況は?穴場時間帯やご利益、屋台も解説!2024

京都市左京区にある下鴨神社は、初詣の定番スポットとして名高いです。

初詣で混雑が予想されるのは1月1日から4日です。特に混雑が激しい時間帯は、1月1日の深夜0時から3時、そして1月1日から3日にかけての午前9時から午後3時、さらに1月4日の午後1時から3時となっています。

神社内では特に干支の社付近が混雑すると予想されます。

この記事では穴場の日程や時間、屋台情報をお伝えします。

下鴨神社の初詣を考えられている方は、是非参考にしてくださいね!

穴場の日程や時間は?

穴場とされる日程や時間帯については、3ヶ日は混雑しますが、1月5日(木)や6日(金)など比較的早い日程が静かで、3連休が終わった後の1月10日以降も空いていると予想されます。

土日祝日しか参拝できない方は、3ヶ日でも、1月1日の午前3時から8時頃や、2日・3日は午前6時30分から8時までがおすすめです。

1月4日は特定の時間帯を避けた方がよいでしょう。

下鴨神社のアクセスやご利益は?(初詣基本情報)

下鴨神社のアクセス方法やご利益などの基本情報は次の通りです。

下鴨神社基本情報

【住所】京都市左京区下鴨泉川町59

【人出】年間約20万人

【アクセス】京阪本線出町柳駅から徒歩14分

【ご利益】縁結び、厄除け、子宝、安産など

【2023年参拝可能時間(予定)】

  • 1月1日は0時~18時
  • 2日・3日は6時30分か~18時
  • 4日から6日は6時30分~17時30分まで

下鴨神社初詣2023の屋台や駐車場は?

下鴨神社の屋台や駐車場について解説致します!

屋台について

下鴨神社の初詣では、糺の森内の参道に40~50軒の屋台が出店します。

出店する屋台

  • 唐揚げ
  • ベビーカステラ
  • 牛串焼き
  • はしまき
  • フライドポテト
  • チョコバナナ
  • りんご飴、
  • ケバブ
  • ラーメン
  • チーズハットグ
  • チーズダッカルビ

などがあり、子供たちが楽しめる遊戯系の屋台も用意されています。

屋台も十分楽しめますね!

駐車場について

下鴨神社の周辺には、いくつかの利用できる駐車場があります。主な駐車場についてご紹介しましょう。

まず、下鴨神社の西側に位置する主要な駐車場があります。

この駐車場は京都市左京区下鴨泉川町にあり、最初の1時間は500円、その後は30分ごとに200円が加算されます(初詣の期間中の料金です)。収容台数は約100台で、下鴨神社まで歩いてすぐの距離にあります。

参拝者にとっては非常に便利な立地ですが、下鴨神社に最も近い駐車場であるため、混雑時は早めに満車になる可能性があるので注意が必要です。

さらに、周辺にはタイムズなどの他の駐車場もありますが、これらの駐車場は多くの場合、収容台数が10台以下となっています。そのため、混雑を避けるには早めに駐車することをお勧めします。

まとめ

初詣で混雑が予想されるのは1月1日から4日です。特に混雑が激しい時間帯は、1月1日の深夜0時から3時、そして1月1日から3日にかけての午前9時から午後3時、さらに1月4日の午後1時から3時となっています。

神社内では特に干支の社付近が混雑すると予想されます。

比較的空いている日程としては、1月5日(木)や6日(金)、そして3連休が終わる1月10日以降が良いでしょう。

土日祝日しか参拝できない方は、1月1日は朝3時から8時頃や夕方の閉門前、1月2日や3日は朝6時30分から8時、1月4日は蹴鞠初めの時間帯、午後1時から3時を避けることをお勧めします。

新型コロナウイルスの影響がまだ続いていることを鑑み、参拝時には感染予防対策を十分に行うことが重要です。

スポンサーリンク
初詣
管理人をフォローする
きらりん★ブログ
タイトルとURLをコピーしました