当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

本ページはプロモーションが含まれています。

指定野菜とは?ブロッコリーが追加で他の14品目も解説!

グルメ

農林水産省が消費量が多く国民生活に不可欠な「指定野菜」にブロッコリーを新たに加えることを発表しました。

これにより、キャベツやダイコン、トマトなど既存の14品目に加え、ブロッコリーが加わります。

これは1974年のバレイショ追加以来、約半世紀ぶりの更新で、2026年度から適用されます。

ブロッコリーのこの昇格は、特定野菜から指定野菜への初の格上げであり、生産者への支援も強化されます。

指定野菜とは?簡単に説明します!

指定野菜とは、特定の栄養価や健康促進の観点から、政府や健康機関によって推奨される野菜のことを指します。

これらの野菜は、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、人間の健康に必要な栄養素を豊富に含んでおり、日々の食事に積極的に取り入れることが推奨されています。

例えば、がん予防や生活習慣病のリスクを低減する効果が期待されているものが多く、バランスの良い食生活のための基本とされています。

ブロッコリー以外の指定野菜14品目を解説!

指定野菜にブロッコリーが追加されましたが、ブロッコリー以外の14品目も改めて解説します!

  1. トマト:リコピンが豊富で、抗酸化作用があり心臓病やがんのリスクを減少させる
  2. にんじん:β-カロテン(ビタミンAの前駆体)が豊富で、視力の保護や皮膚の健康に貢献
  3. ほうれん草:鉄分、カルシウム、ビタミンKが豊富で、骨の健康と血液の質を改善
  4. キャベツ:ビタミンCと食物繊維が豊富で、消化促進と免疫力向上に役立つ
  5. さつまいも:β-カロテンと食物繊維が豊富で、便秘の予防と血糖値の安定に貢献
  6. 大根:消化酵素とビタミンCが豊富で、消化を助けるとともに風邪予防に有効
  7. かぼちゃ:β-カロテンが非常に豊富で、免疫力の強化と視力保護に貢献
  8. ナス:ナスニンというポリフェノールが豊富で、血流改善と抗酸化作用がある
  9. ピーマン:ビタミンCが非常に豊富で、抗酸化作用と免疫力の向上に役立つ
  10. きゅうり:水分が豊富で、デトックス効果としての利用が推奨される
  11. 玉ねぎ:クエルセチンが豊富で、血液サラサラ効果があり、心臓病のリスクを減少
  12. レタス:葉酸と食物繊維が豊富で、健康な細胞の生成と消化促進に貢献
  13. アスパラガス:アスパラギン酸が豊富で、疲労回復と腎機能の向上に役立つ
  14. しいたけ:ビタミンDと食物繊維が豊富で、骨の健康と免疫力向上に貢献

指定野菜14品目の覚え方は?

野菜ソムリエを目指し方は指定野菜を覚える必要もあるでしょうし、日々の買い物でも指定野菜メニューを使おうっと思ったときに14品目覚えていたら役に立ちますよね!

以下からは指定野菜14品目の覚え方についてもご紹介します!

指定野菜を覚えるための一つの方法は、色や形、利点に基づいてグループ分けすることです。

例えば、「赤い野菜」グループにはトマトやにんじんを、「緑の野菜」グループにはほうれん草やキャベツを分類します。

また、「根菜類」にはにんじんや大根を、「葉物野菜」にはレタスやほうれん草を挙げることができます。

もう一つの覚え方は、料理や食事の中でそれぞれの野菜がどのように使用されるかを考えることです。

例えば、サラダによく使われる野菜(レタス、トマト、きゅうり)、炒め物に適している野菜(ピーマン、ナス、しいたけ)、そして煮物やスープに入れるのに適した野菜(かぼちゃ、大根、アスパラガス)などです。

最後に、指定野菜を日々の食生活に取り入れることで、健康維持に役立てましょう。

それぞれの野菜が持つ栄養価を理解し、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

指定野菜の重要性を解説!

指定野菜は、単に健康を促進する栄養素を豊富に含むだけではなく、食生活の多様性をもたらし、食事の楽しみを増やす役割も担っています。

これらの野菜には、体を守り、病気の予防に役立つ抗酸化物質が含まれています。

また、定期的にこれらの野菜を摂取することは、心臓病、高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクを減少させることが科学的に証明されています。

日常の食生活への取り入れ方はどうする?

指定野菜を食生活に取り入れる方法は多岐にわたります。

以下は、簡単に実践できるいくつかのアイデアです。

  1. 野菜を主役に: 野菜をメインディッシュとして扱い、肉や魚をサイドディッシュにすることで、野菜の摂取量を増やすことができます。
  2. スムージー: 朝食や間食に野菜のスムージーを取り入れることで、美味しく簡単に多くの栄養を摂取することができます。ほうれん草やキャベツはスムージーにすると特に美味しいです。
  3. 野菜のスナック: にんじんやきゅうりなどの生の野菜を細かく切って、仕事中や勉強中の健康的なスナックとして活用しましょう。
  4. 多様な料理法を試す: 焼く、蒸す、煮るなど、野菜ごとに最適な調理法を試してみることで、野菜の美味しさを最大限に引き出すことができます。例えば、ブロッコリーやアスパラガスは蒸すと栄養価が高く、美味しくいただけます。
つやこ
つやこ

これで気軽に取り入れられるよ!

季節ごとの野菜を楽しむ

指定野菜を最も新鮮で栄養価の高い状態で楽しむためには、季節に合わせて野菜を選ぶことが大切です。

季節ごとに旬の野菜を選ぶことで、食材の多様性を享受しながら、環境にも優しい選択をすることができます。

例えば、春にはアスパラガスや新玉ねぎ、夏にはトマトやきゅうり、秋にはかぼちゃやさつまいも、冬には大根やほうれん草を中心に食事を組み立てると良いでしょう。

まとめ

指定野菜を毎日の食事に取り入れることは、健康的な生活を送るための重要なステップです。

これらの野菜は、必要なビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、私たちの体を健康に保つのに役立ちます。様々な野菜を楽しみながら、栄養豊かな食生活を目指しましょう。

スポンサーリンク
グルメ
管理人をフォローする
きらりん★ブログ
タイトルとURLをコピーしました