当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

本ページはプロモーションが含まれています。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の口コミは?飲み方や賞味期限も!

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の口コミは?飲み方や賞味期限も! 父の日

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の口コミ評判についてご紹介します♪

また飲み方や賞味期限についてもお話ししますね^^

  • とってもフルーティ
  • 女性でもグイグイ飲める
  • 贈り物にも最適

と、良い口コミが多かったですよ!

父の日や母の日、敬老の日、誕生日と贈り物に最適のようです

味については、本文で詳しく紹介しますね!

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の口コミは?

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の口コミをご紹介します。

良いと感じた意見ばかりではなく、悪い口コミもしっかりと紹介していきますね!

それでは口コミを見ていきましょう!

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の悪い口コミやデメリット

「味があまり好みではない」「値段が高い」と言った悪い口コミやデメリットが一部ありました。

値段が高いのは、原材料の品質によるものも大きいでしょうから、こだわりの酒造りを行っているので仕方ないことかもしれません。

「味はあまり好みではない」「磨き具合による違いがわからない」と言った悪い口コミ・デメリットは個々人の好みや感じ方によって評価が分かれるのは、飲み物に限らず一般的な傾向です。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の良い口コミ

続いて獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の良い口コミをご紹介しますね。

鮮やかな香りと華やかな風味

  • フルーティーで飲みやすい
  • 呑みやすく香りも良い

獺祭は特定の酵母と米の組み合わせにより、独自の香りを持つ醸造法を採用しています。この酵母と米の相性が優れており、華やかでフルーティーな香りが広がります。

また、獺祭は磨き具合にもこだわっており、三割九分という程度まで米を磨くことで、内部の良質な部分を残しつつ余分な成分を取り除きます。

この磨き具合により、米本来の旨みや香り成分が集中し、繊細で豊かな風味が引き出されます。その結果、鮮やかで繊細な香りと華やかな風味が特徴となります。

高い品質と洗練された味わい

  • 評判の酒と昔から知っていたので、初めて食しましたが凄く旨い!
  • さすが獺祭、期待通りの味

獺祭(だっさい)純米大吟醸磨き三割九分は、高い品質と洗練された味わいを特徴としています。

この日本酒は、厳選された上質な米を使用し、丁寧に醸造され、風味や旨みが豊かでバランスの取れた味わいが生まれています。

獺祭は伝統的な製法と最新の技術を組み合わせ、醸造過程において細心の注意を払っています。

これにより、高い品質と洗練された味わいが実現され、日本酒愛好家や料理のコンシェルジュからも高い評価を受けているんです。

味はプロからのお墨付きですね!

上品な後味

  • 香りは華やか、味は上品に甘い
  • 飲みやすくてとても後味がいい
  • 後味が残らず飲みやすいすごくいいお酒

獺祭(だっさい)純米大吟醸磨き三割九分は、上品なアフターテイストを特徴としています。

飲み終えた後に口の中に残る余韻は、繊細で長く続く特徴的な味わいです。

酒の香りや風味がゆっくりと広がり、舌の上で穏やかに消えていきます。後味はさまざまな要素によって形成されますが、獺祭の場合、熟成による深みやコクがその余韻を引き立てます。

この上品な後味は、贅沢な時間を過ごす中で味わえる、洗練された日本酒の醍醐味とも言えるでしょう^^

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分のおすすめの飲み方は?

獺祭(だっさい)純米大吟醸磨き三割九分のおすすめの飲み方をご紹介します。

  1. 温度: 獺祭は一般的に冷やして飲むことが多いです。純米大吟醸は香り高いため、冷やすことで香りが引き立ちます冷蔵庫で冷やしておいて、10℃~12℃程度で楽しむのがおすすめです。
  2. グラス: 獺祭を味わうためには、細口のグラスが適しています。細口のグラスを使うことで、香りを集中させることができます。グラスも一緒に冷やしておいたらなお一層美味しくなりますね。
  3. 味わい方: まず、グラスに注いだ獺祭を見つめ、香りを楽しみましょう。次に、少量を口に含み、舌の上で広がる味わいを感じます。豊かな風味や旨み、繊細な口当たりを楽しむことができます。
  4. 食事との相性: 獺祭は多様な料理との相性が良いため、様々な料理と合わせて楽しむことができます。特に、刺身や寿司、軽めの和食料理との相性が抜群です。料理の味わいを引き立てながら、相互に調和した食事体験を楽しむことができます。

以上が獺祭純米大吟醸磨き三割九分のおすすめの飲み方です。

ただし、個人の好みや飲み方によって異なる場合がありますので、自分自身の感性に合った飲み方を見つけて楽しんでください。

他にも

  • ロックで氷を足してちびちび飲んだ
  • 常温でそのまま
  • 冷やでぐいぐい
  • 熱燗でも美味しかった

と口コミにありましたので、ご自身の好みで美味しい飲み方を発見してください。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の賞味期限は?

保存可能期間は購入してから1ヶ月以内をおすすめします。

開栓してから何日で飲むの?1週間以内(要冷蔵庫保存)が良いでしょう。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の最安値は?

公式サイト、Yahoo!ショッピング、Amazon、楽天市場のそれぞれの獺祭(だっさい)純米大吟醸磨き三割九分の価格は同じでした。

ご自身がよく利用するところで買えば、自身のポイントを使うことができたり、またセールを使ってお得に購入できます。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の詳細

精米

獺祭は山田錦という酒米だけを使用し、穂が高くて粒も大きいため、純米大吟醸に適しています。山田錦は育てるのが難しい代わりに、米を十分に磨くことが求められます。

獺祭は山田錦だけを使用した純米大吟醸酒です。そのため、山田錦は非常に重要で、米を磨く工程は重要です。23%まで精米するには、約85時間かかります。

洗米・浸漬

通常、洗米後の米の水分を0.3%以下の精度で厳密にコントロールするために、獺祭では通常大吟醸で使われる技法が使用されます。

この方法は人手と時間を要するものです。

洗米機を使用すれば人手は三分の一、時間は六分の一で洗うことができますが、洗米機でもこのようにセンシティブに吸水率をコントロールすることはできません。

そのため、旭酒造では手洗いを選択しています。

製麹

麹は酒造りにおいて最も重要な役割を果たします。

酵母にブドウ糖を供給し、醗酵のスピードをコントロールする役目を持ちます。麹は「一麹二モト」と言われ、酒造りの要素として不可欠です。

最高品質の麹を作るためには経験豊かな手による繊細な操作が必要であり、機械では人間の感覚や経験を完全に再現することはできません。

獺祭では機械を使わずに人の手で麹を作ります。

麹は生き物であり、製麹期間中には昼夜を問わず操作が必要です。旭酒造では担当者が交代でこの責任を果たしており、徹夜明けの担当者もいます。

仕込み

仕込みの担当者はオーケストラの指揮者のような能力が求められます。

旭酒造では、低温長期もろみの醗酵形態を徹底し、5℃での精密な温度管理を実施しています。

機械的な操作では不可能なため、自然の発酵熱ともろみのかい入れ作業のバランスで制御します。

年間約3,000本の大量の仕込みを行い、経験値を高めています。

これにより、獺祭のより良い酒を造るための基盤を築いています。

▶獺祭2割3分の口コミはコチラから

会社概要

社名 旭酒造株式会社
所在地 〒742-0422
山口県岩国市周東町獺越2167-4
電話番号 TEL(0827)86-0120
設立 昭和23年1月23日
代表者 代表取締役社長 桜井一宏
資本金 1000万円
業務内容 獺祭の製造および販売

まとめ

以上、獺祭(だっさい) 純米大吟醸磨き三割九分の口コミ評判、飲み方や賞味期限についてご紹介しました。

「フルーティーでまろやかな味」「香りが華やかでも味は上品」「さすが獺祭!期待通りの味」と高評価でした。

女性でもグイグイ飲めるという口コミはありましたので、「母の日」や「父の日」「敬老の日」などの贈り物に最適だと思います。

大切な方への贈り物にしたい方は書きよりチェックしてくださいね!

Amazonチャージでお得に買い物!

アマゾン(Amazon)でお買い物をする時には「Amazonチャージ」を使うと、アイリスオーヤマサーキュレーターPCF-SDC15Tをよりお得に買うことができるんですよ。

あなたのアカウントにコンビニで現金をチャージすれば、1回のチャージ金額によりプライム会員は最大2.5%、通常会員でも2.0%のAmazonポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額 通常会員 プライム会員
90,000円~ 2.0% 2.5%
40,000円~ 1.5% 2.0%
20,000円~ 1.0% 1.5%
5,000円~ 0.5% 1.0%

Amazonにやり方が書いてあり簡単ですから、Amazonでお買い物するなら、利用してお得にお買い物しちゃいましょう!

→Amazon(アマゾン)チャージを詳しく見る
最後までお読みいただきありがとうございました。

父の日
管理人をフォローする
きらりん★ブログ
タイトルとURLをコピーしました