シェフドラムとホットクックの違いを比較したら5つだった!徹底解説!

シェフドラムとホットクックの違いを比較したら5つだった!徹底解説! 家電

シェフドラムとホットクックの違いを比較して、徹底解説します♪

シェフドラムとホットクックの違いを比較したところ、以下の5つでした。

  1. シェフドラムは揚げ物ができる
  2. 混ぜ方が違う
  3. 重さがシェフドラムの方が1.4 kg重たい
  4. 消費電力は、シェフドラムの方が定格消費電力が100 W大きい
  5. カラー展開が違う

どちらも自動調理器なので、材料を入れてメニューを選びボタンを押すだけで美味しい料理ができる機能は変わりはありません。

大きな違いはシェフドラムは「揚げ物ができるようになったこと」と「混ぜ方が違うこと」です。

本文で詳しく説明しますね。

なおシェフドラムとホットクックはふるさと納税返礼品でもありました。

ご紹介しておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】I129 SHARP ヘルシオ ホットクック KN-HW16G-W(ホワイト系)
価格:200000円(税込、送料無料) (2022/12/13時点)

楽天で購入

 

 

シェフドラムとホットクックの違いを比較

結論から言うと、レシピ・調理でのシェフドラムとホットクックの違いの比較は

  1. シェフドラムは揚げ物ができる
  2. 混ぜ方が違う
  3. 重さがシェフドラムの方が1.4 kg重たい
  4. 消費電力は、シェフドラムの方が100 W大きい
  5. カラー展開が違う

になっています 。

それぞれの得意料理は以下の様になっています。

  • シェフドラム 炒め物や揚げ物が得意
  • ホットクック カレーや煮物など煮込み料理が得意

 

 

では、実際にそれぞれの得意料理を見ていきましょう

1・シェフドラムは揚げ物ができる

シェフドラムとホットクックの得意料理を口コミやレビューを調査しまとめました。

揚げ物・唐揚げができる

シェフドラムとホットクックのレシピの違いの大きいは揚げ物ができるかの差です。

ホットクックにはできなかった揚げ物がシェフドラムはできます。

これは大きな差ですね!

 

揚げ物もは小さい子がいて「油ハネしてしまうので、揚げ物が作れない」と敬遠してきた人も多いと思います。

これが自動調理で出来ると、子供が台所に来ても安心で、からあげや揚げ物も食卓に並びますね^^

しかも、蓋をして揚げるのでキッチン周りがべとつきません。

 

揚げ物の後は近くにある鍋やフライパン、壁なんかもべとべとになってしまって、後始末やお掃除が面倒と筆者は思っていました。

この面倒なことも、シェフドラムが解決してくれ、本当にありがたいですよね。

シェフドラムは野菜炒めも得意

シェフドラムとホットクックの野菜炒めは、シェフドラムは蓋を開けて調理するので水分が飛ばされます。

蓋をするホットクックの方が水分が多く出るようです。

口コミにはホットクックは混ぜ棒があるが、肉が塊になっているという記載も見かけました。まぁ、盛り付ける前にほぐせば問題ないのでそこまで気にする必要はないでしょう。

野菜炒めは、シェフドラムの方が美味しく作れるようです。

ホットクックは煮物が得意

ホットクックは肉じゃがカレーなどの煮込み料理が得意です。

肉じゃが  画像引用元シェフドラム公式ページ

肉じゃがでのホットクックとシェフドラムの違いは無水調理が可能かというところです。

シェフドラムは無水調理ができないので、調味料と一緒に水を入れる必要があります。

ホットクックは無水調理ができるので調味料だけで OK です。

 

じゃがいもの煮崩れはシェフドラムは煮崩れなしホットクックは少し煮崩れがあります。

味の方はシェフドラムは、一般的な肉じゃがの味で、具材の中に食材の味が染み出ていて、汁まで飲みたくなるほどの味です。

ホットクックの肉じゃがは、無水調理なので汁があまりないのですが、汁に味が逃げてしまわず食材自体が濃くておいしい味になっています。

 

肉じゃがでは、シェフドラムは一般的に美味しいですが、ホットクックがワンランクアップの美味しさです。

シェフドラムはパスタが早く仕上げるがホットクックはソースが良い加減

また、パスタ料理ではどちらもパスタを別ゆでせずにそのまま投入して調理が完成します。

パスタのメニューに言っても仕上がり時間は違ってきますが大体シェフドラムで10分、ホットクックは15分程度のメニューが多いです。

 

早く仕上がるのはシェフドラムです。

ホットクックは時間はかかりますが水分が出るのでソース加減がちょうどよく美味しいと言う口コミがありました。

早めに仕上がるのはシェフドラム、よりソースが美味しいのがいいのであればホットクックを選ぶといいですね!

 

2.シェフドラムとホットクックの混ぜ方が違う

シェフドラムとホットクックの共通の機能は、調理しながら材料を混ぜるということです。

それぞれの混ぜ方の特徴を見ていきます。

シェフドラムは自動攪拌調理器で内鍋自体が回る

シェフドラムは鍋を傾けて、内鍋自体が常に回転しながら調理します。

某外食チェーン店の自動調理器を、家庭用に落とし込んだ商品になっています。

だからパラパラのチャーハンや揚げ物もできるようになるんですね!

内鍋ごと回転しムラ無くかくはんするので、ほったらかしでも焦げ付く心配がなく、手間のかかる料理も簡単に美味しく仕上がります。

ホットクックはまぜ技ユニットでタイミングよく攪拌

ホットクックは、まぜ技ユニットが 「加熱の進行」に合わせたかきまぜを行います。

焦げてしまいがちな無水メニューのカレーやシチューも上手に調理します。

肉じゃがなどの煮物は少なめの調味料でも中までしっかり味がしみ込み、おいしく仕上がりますよ。

また、まぜ技ユニットの回転スピードがアップしたことで、泡立てるといった調理もできるようになりました。

実はホットクックのまぜ技ユニットが全調理に使われるわけではありません。

例えば麻婆豆腐は豆腐が崩れてしまうのでまぜ技ユニットが使えません。

ですから、豆腐の表面は味がしますが中まで染み込んでいないんです。

シェフドラムは鍋自体が回転しますので、麻婆豆腐もソースと豆腐が絡み合って出来上がり、中まで味が染み込んでいます。

同じ混ぜる機能ですが、ここが大きな違いのようです。

3.シェフドラムの方がホットクックよりも1.4 kg 重たい

シェフドラムの方がホットクックよりも1.4 kg 重たいです。

1.4 kg はなかなかの差ですよね!

内鍋を洗うときも少々気合を入れて洗わなければなりませんが、パーツが少なく内鍋と蓋を洗えばいいので楽ちんという口コミもありました。

 

ホットクックはシェフドラムよりも1.4 kg 軽いですが、分解するパーツが多くなっています。

 

「重たいのが大変だから洗うパーツが多くてもホットクックがいい」という人もいれば、「重たくても分解するパーツが少ないシェフドラムの方が面倒くさくなくていい」と思う人考え方は人それぞれですね。

消費電力はシェフドラムの方が100 W 大きい

また消費電力は、シェフドラムの方が定格消費電力が100 W と大きくなっています 。

 

とはいえ、100Wの電化製品を1分間使用した場合、電気代は約0.05円と非常に安いので、あまり差はないと考えてよいかと思います。

ちなみに定格消費電力とは、すべての機能を最大限に使用した場合に消費する電力量です。

5.カラー展開が違う

シェフドラムはどの型番もブラウンのみで、ホットクックは赤・白・黒の3色です!

 

ホットクックはホワイト・レッド・ブラックと3種類展開されています。

 

ホットクックはカラー展開が3色なのでポップな感じやモダンな感じどちらも選べますね^^

シェフドラムとホットクックどっちがおすすめ

シェフドラマとホットクックの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか整理しますね。

シェフドラムがおすすめな人

  • 揚げ物も自動調理器で作りたい人
  • チャーハンや炒め物をよく作る人
  • 多少重たくても洗うパーツが少ない方がいい人
  • カラーはブラウンで良い人

ホットクックをおすすめな人

  • 無水調理で煮物やカレーなど栄養を閉じ込めて美味しく作りたい人
  • 揚げ物はあまりしない人、揚げ物は自分で調理しても良い人
  • パンやケーキの工程を利用したい人
  • 洗う工程は多くても、少しでも部品は軽いのがいい人

シェフドラムの得意料理は「揚げ物」と「野菜炒め」でホットクックは「無水調理を活用した、「煮物やカレーなどの煮込み料理」です。

またホットクックはパンやケーキなどの混ぜる工程もできますので、どれを重視して自動調理器に任せたいかが、選ぶポイントになりますね!

 

また重さも1.4 kg の差があります。シェフドラムの内鍋が重たい気もしますが、基本的にはシェフドラムをもホットクックも据え置きで使うのでそこまでの差は気にならないないかと思います。

 

唐揚げを自動調理で任せたい時はシェフドラムがいいです。

シェフドラムの口コミや気になる電気代やレシピはこちらにまとめています

本格的な栄養いっぱいの煮込み料理を食べたい人はホットクックが良いです!

ホットクックの口コミや気になる価格や電気代はこちらにまとめています

シェフドラムとホットクックの比較表

シェフドラム(KDAC-IA2-T)とホットクック(KN-HW24G)の違いを比較します。

最大調理量やキッチンに置くときのサイズ感などを参考にしてください。

シェフドラム(KDAC-IA2-T) ホットクック(KN-HW24)
定格容量 2.0L  2.4L
満水容量 4.5L  4.7L
製品寸法  幅370×奥行279×高343㎜ 幅345×奥行305×高256㎜
質量 約7.2kg 約5.8kg
電源コード 約2.0m 約1.4m
定格消費電力 900w 800w

大きさはさほど変わりませんが、シェフドラムは斜めに傾けて調理するので、その分のスペースは必要になりますので、壁にピタッとくっつけての調理はできないことを考慮されてください。

また消費電力は、シェフドラムの方が定格消費電力が100 W と大きくなっています 。

とはいえ、100Wの電化製品を1分間使用した場合、電気代は約0.05円と非常に安いので、あまり差はないと考えてよいかと思います。

シェフドラムとホットクックの共通の機能や特徴

シェフドラムとホットクックの共通の機能は、材料を入れてボタンを押し、待つだけで美味しい料理ができるというところです。

またそれぞれに材料をかき混ぜる機能も搭載しているのが特徴です。

驚くほどカンタン、3ステップ

シェフドラムもホットクックも材料を入れてメニューを選びボタンを押すだけの3ステップで、誰でも簡単に美味しい料理ができます!

待ってる間にもう1品、自分で作ってもいいですね^^

予約調理で朝セットすれば、帰宅時にはアツアツ料理の完成!

朝材料をセットして、帰宅後すぐに温かい料理が食べられます。

完成後も自動で保温に切り替わるので温め直さずにいいんです!

働くママの強い味方です^^

注意点としては、どちらも予約できない自動メニューがあり、保温は一部の自動メニューに限ります。

たくさんの種類の料理が1台でできる!

レシピが豊富で「今日は何にしようか」と悩むことがありません。

また材料を入れてボタンを押すだけで簡単に調理できるので、今まで作ったことがないメニューにも挑戦することができレパートリーが増えます!

保温もできていつでもアツアツ!

調理後も焦げ付かず、保温ができ帰宅時間が異なる家族にも熱々の料理を待たせず提供できますよ。

生活にゆとりと可能性を広げる

材料を入れてボタンを押すだけなので、調理時間が自由時間に出来ます。

ワーママは子どもとの時間がなかなか取れないので、調理時間がこどもとの時間に変わったら嬉しいですよね!

 

家族やパートナーとの時間にしたり、趣味の時間にしたり、もう1品美味しい料理を作ったりと時間の使い方はあなた次第です^^

 

シェフドラムホットクックを使うことで生活にゆとりと可能性が広がりますね。

シェフドラムとホットクックの違いの比較まとめ

シェフドラムとホットクックの違いの比較をお話ししました。

違いは5つでしたね!

  1. 得意料理が違う
  2. 混ぜ方が違う
  3. 重さがシェフドラムの方が1.4 kg重たい
  4. 消費電力は、シェフドラムの方が定格消費電力が100 W大きい
  5. カラー展開が違う

 

1番の違いはシェフドラムは、ホットクックではできなかった揚げ物ができるようになったということです。

また混ぜ方がシェフドラムは内鍋自体が常に回転し、ホットクックはまぜ技ユニットが搭載されタイミングを見計らって調理を混ぜてくれます。

ホットクックの得意の料理は無水調理で栄養を閉じ込めてとてもおいしく仕上げます。

 

シェフドラムとホットクックでどっちを選べばいいかは、揚げ物を自動調理器に任せたい方はシェフドラムをお勧めします。

シェフドラムの口コミや気になる電気代やレシピはこちらにまとめています

揚げ物はあまり作らない、自分で作っていい。それよりも無水調理で煮物を栄養を逃さずに美味しく食べたいという方はホットクックが良いでしょう。

ホットクックの口コミや気になる価格や電気代はこちらにまとめています

実は、サンコーからまわるエアフライヤードラム「クルクルクック」が2022年9月に発売されています。

クルクルクックは、油を使わずにカラッとヘルシーな揚げ物が作れるのでホットクックと合わせて使ってもいいですね!

 

シェフドラムやホットクックをお安く購入する方法

アマゾン(Amazon)でお買い物をする時には「Amazonチャージ」を使うと、アイリスオーヤマシェフドラムやヘルシオホットクックをよりお得に買うことができるんですよ。

あなたのアカウントにコンビニで現金をチャージすれば、1回のチャージ金額によりプライム会員は最大2.5%、通常会員でも2.0%のAmazonポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額 通常会員 プライム会員
90,000円~ 2.0% 2.5%
40,000円~ 1.5% 2.0%
20,000円~ 1.0% 1.5%
5,000円~ 0.5% 1.0%

Amazonにやり方が書いてあり簡単ですから、Amazonでお買い物するなら、利用してお得にお買い物しちゃいましょう!

→Amazon(アマゾン)チャージを詳しく見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました